矯正

Just another WordPress site

Recent Articles

歯並びが良くなると

  • 自信を持って笑えるようになります
  • 虫歯、歯周病予防になります
  • 全身の健康と若々しさに寄与します

堀歯科医院の歯列矯正の特徴

  • 複数ドクターが常勤し一般治療も行っているので、抜歯、治療中の虫歯、治療後の冠の被せ等、お口に関して総合的に治療できます。
  • 歯列矯正に関する処置は、毎回、歯科医師 堀はるみ が責任を持って行います。
  • 矯正患者様の予約は同時間帯にお一人となっております。急患等やむ終えない場合を除き、複数の矯正患者様を並列で診療することはありません。(一般診療の患者様が同じ時間帯に入り他の歯科医師が診療することはあります)
  • 東京を始めとした日本国内はもとより海外へも研修に行き、仙台で首都圏に負けない最新治療のご提供を目指しております

関連情報

2020年7月5日
インプラント情報
2ミリ均一にフェルールがある中切歯は0.5-2ミリのフェルールがあるものより破折強度が強い。
・in vitroにおけるさまざまなフェルールの高さや形態を備えた根管治療をされ...
2020年7月1日
インプラント情報
歯槽骨基底部に幅がある方が二次的に硬・軟組織の高さを得やすい。
・インプラント間乳頭は、おもに審美的考慮から前歯部において重要であるが、ひとたび...
2020年6月25日
インプラント情報
ジルコニア表面は上皮性付着が起こり、プラークの付着しづらい。
・ジルコニア表面には上皮性付着が起こると考えています。 上皮はスムースな表面に付...
2020年6月20日
インプラント情報
骨粗鬆治療薬を休薬しても、顎骨壊死は起こる。
日本骨粗鬆学会や日本口腔外科学会で、休薬しようとしまいと実は効果は変わらない。 ...
2020年6月15日
インプラント情報
受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明
・受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明 若い女性は、受動喫煙により睡眠の質が...
2020年6月10日
インプラント情報
スカルドビア菌のう蝕誘発メカニズムを解明
・スカルドビア菌のう蝕誘発メカニズムを解明 早期小児う蝕患者から多く検出されるス...
2020年6月5日
インプラント情報
ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか?
・ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか? 健全な歯において、エナメル質表面のプラ...
2020年6月1日
インプラント情報
根尖孔拡大は歯根破折のリスクを高める。
抜去歯を用いて破折抵抗性を調べた論文。 ヒト抜去小臼歯(単根)を用い、作業長を根...
2020年5月25日
インプラント情報
1回の根管治療では術後疼痛は出現しやすいのか。
無症状でかつ鎮痛薬などを服用していない患者の再根管治療における、術後疼痛の出現お...
2020年5月20日
インプラント情報
補綴装置として義歯を選択すると、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。
・補綴装置として部分床義歯を選択すると、その他の固定性補綴オプションの選択と比較...