矯正

Just another WordPress site

2006

Year
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その2

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その2

インビザラインは、具体的にどのような治療方法ですか? インビザラインは、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の緻密なシュミレーションを行うところから始まります。 そして、このシュミレーション結果に基づき、それぞれ...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その1

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その1

インビザラインに関するこれまでの治療実績は? インビザラインは欧米を含む世界各国で35万人を超える患者の矯正治療に使用され、その効果が認められています。 米国で実施されたアンケート調査では、インビザラインによる治療を受けた患者の90%が、治...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのデメリット

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのデメリット

インビザラインのデメリット インビザラインは、すべての症例に適応になるわけではありません。 歯の凸凹が強く、歯列矯正に先立ち、抜歯が必要となる症例や上下の顎の位置に前後的・左右的ずれがある症例ではインビザラインの適応外となります。
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのメリット

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのメリット

インビザラインのメリット 1.取り外しができて衛生的 :インビザライン・アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。また、簡単に洗浄ができ、衛生的です。 2.食べたいものが食べられる :インビザライン・アライナーは取...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインの特長

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインの特長

インビザラインは、上下の歯に透明な薄いマウスピースを着用するので、従来の歯列矯正のように、ブラケットやワイヤーを使用しないため、歯列矯正の治療中であることを人に知られることは少なくなります。 2週間に一度のペースで、新しいマウスピースを...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインとは

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインとは

インビザラインとは、歯の移動をコンピューターでシュミレーションすることにより作製されたマウスピースを順に使用していくことで、理想的な歯並びに近づけていくという今までにない歯列矯正の方法です。
デーモンシステムのデメリット

デーモンシステムのデメリット

1.デーモンシステムは、歯がとても早く動くために、凸凹が強い人は次回の調整日よりも前にワイヤーが奥に突き出すことがあります。 2.装置が大きさ自体は小さいものの、比較的厚みがあります。 3.メタル色で審美性がやや劣ります。 (注)デメリット...
デーモンシステムのメリット

デーモンシステムのメリット

デーモンシステムは形状記憶合金製のハイテクワイヤーを使用しているため、歯が早く動きます。 凸凹の歯列もこの形状記憶合金のワイヤーが元の形に戻る力で、歯列が理想的な形態に変化します。 シャッター式の構造であるために、矯正力をロスしないので、治...
デーモンシステムはどこが違うのか?

デーモンシステムはどこが違うのか?

従来の歯列矯正のブラケットでは、ゴムやワイヤーで歯に縛りつけ、歯に固定していました。 そのため、歯に余計な力がかかってしまい、『歯列矯正は痛い!』という固定観念が生まれてしまったのもそのような理由からでした。 しかし、デーモンシステムでは、...

関連情報

2021年2月25日
インプラント情報
歯周病菌で食道がんリスク上昇。
・これまであまり検討されていなかった食道がん患者の口腔内所見と口腔内細菌叢の特徴...
2021年2月20日
インプラント情報
歯列不正とシャベル切歯
・日本人の歯並びはなぜ悪いのだろう? 上顎前突や叢生が起こりやすいのは、それなり...
2021年2月15日
インプラント情報
カカオポリフェノールで血圧低下。
・日本で初めて高カカオチョコレート(カカオ分70%以上)を25g/日、4週間摂取...
2021年2月10日
インプラント情報
59%の下顎智歯は、智歯周囲炎の既往のため抜歯となっている.
・下顎智歯周囲炎(この場合、5ミリを超える歯周ポケット)の罹患率は、25歳以降に...
2021年2月5日
インプラント情報
特定の歯周病菌で食道がんリスクが約6倍に!
食道がんと口腔細菌に関係  江戸川病院と総合南東北病院との共同研究。 研究では、...
2021年2月1日
インプラント情報
血流量の影響を受ける歯と受けない歯の違い
従来からいわれている知覚過敏では説明できない現象として、同じような実質欠損がある...
2021年1月25日
インプラント情報
咀嚼回数と顎骨の発育の関連性
顎骨の発育は遺伝子的な要因が大きいと思われますが、小中学生のころに噛み応えのある...
2021年1月20日
インプラント情報
歯周病でサルコペニアの病態悪化。
骨格筋は体重の約40%を占める最大の臓器で、全身の糖代謝調節においても基幹的な...
2021年1月15日
インプラント情報
cnm陽性ミュータンス菌が歯垢中から検出された患者は、微小脳出血の出現率が4.7倍高い。
ミュータンス菌が微小脳出血に関与 ミュータンス菌のうち、脳の血管内のコラーゲンと...
2021年1月10日
インプラント情報
1歳半で保育所に通っている幼児は、虫歯になるリスクが1.55倍高い。
・1歳半で保育所に通っている幼児は、日中に親の養育を受ける幼児と比べて、3歳にな...