矯正

Just another WordPress site

October, 2006

Month
デーモンシステムのデメリット

デーモンシステムのデメリット

1.デーモンシステムは、歯がとても早く動くために、凸凹が強い人は次回の調整日よりも前にワイヤーが奥に突き出すことがあります。 2.装置が大きさ自体は小さいものの、比較的厚みがあります。 3.メタル色で審美性がやや劣ります。 (注)デメリット...
デーモンシステムのメリット

デーモンシステムのメリット

デーモンシステムは形状記憶合金製のハイテクワイヤーを使用しているため、歯が早く動きます。 凸凹の歯列もこの形状記憶合金のワイヤーが元の形に戻る力で、歯列が理想的な形態に変化します。 シャッター式の構造であるために、矯正力をロスしないので、治...
デーモンシステムはどこが違うのか?

デーモンシステムはどこが違うのか?

従来の歯列矯正のブラケットでは、ゴムやワイヤーで歯に縛りつけ、歯に固定していました。 そのため、歯に余計な力がかかってしまい、『歯列矯正は痛い!』という固定観念が生まれてしまったのもそのような理由からでした。 しかし、デーモンシステムでは、...
歯列矯正で人生が変わる!その4

歯列矯正で人生が変わる!その4

歯列矯正で変わるもの、それは患者さまの外見です。 ただそれ以上に大きな変化は、その方の内面、すなわち性格です。 どこか暗いイメージのある方でも、美しい笑顔を手に入れることで、明るく積極的な性格に変わります。 性格が変わると、付き合う仲間も変...
歯列矯正で人生が変わる!その3

歯列矯正で人生が変わる!その3

歯列矯正により、何が変わるのか。 自分以外の人間が見てすぐ分かるのは、顔が変わるということです。 歯列矯正をすることで、歯の位置が変わることは周知の事実ですが、歯の位置が変わることで、顔の骨格が変化するのです。 顔の骨格が変化するということ...
歯列矯正で人生が変わる!その2

歯列矯正で人生が変わる!その2

咬み合わせは、ニュートラルな体の姿勢に大きな影響を与えています。 悪い咬み合わせは、体に歪みが発生させ、体のあちこちに不調和が生じます。 これを専門用語で不定愁訴といいます。 この不定愁訴は、医科で何か具体的な病気と診断されないのに、自分と...
歯列矯正で人生が変わる!その1

歯列矯正で人生が変わる!その1

歯列矯正の目的には、まず前歯の歯並びを良くし、見た目を改善することが挙げられますよね。 それでは、なぜ前歯が重なって生えてしまったのでしょうか? 歯列は馬の蹄のような形態をしていますが、内側からは舌の筋肉から押され、外側からは頬や唇の筋肉か...

関連情報

2021年4月10日
インプラント情報
3種類の有名インプラントの辺縁骨レベルの維持比較
3種類の有名インプラントの辺縁骨レベルの維持におけるインプラント表面の影響:シス...
2021年4月5日
インプラント情報
歯周病患者はCOVID-19関連の呼吸器合併症の発症リスクが高い。
レビューによれば、ドイツのミュンヘンで行われた最近の研究で、炎症性サイトカインで...
2021年4月1日
インプラント情報
咬合挙上の安全性
Abduoによる咬合挙上の安全性に関する4つのポイント 1. 許容される挙上量 ...
2021年3月25日
インプラント情報
最小発音空隙に平均値というものは存在しない。
・S発音位を咬合高径の評価に利用するには、前歯が適切な位置に残存していることが前...
2021年3月20日
インプラント情報
慢性疼痛保有者の47%は寒い時に痛みが悪化する。
・慢性疼痛保有者の25%は天気が悪い時、あるいは崩れる時に、47%は寒い時に痛み...
2021年3月15日
インプラント情報
咳・痰から何を疑うか?
・咳・痰から何を疑うか? 一般的病気:上気道炎、咳喘息、COPD、逆流性食道炎、...
2021年3月10日
インプラント情報
上顎骨への繰り返し荷重は、2週後にリモデリングが確認可能。
・「ラット上顎骨に埋入したインプラントへの繰り返し荷重がインプラント周囲骨組織の...
2021年3月5日
インプラント情報
炎症の引き金を引く「Keystone細菌」とは?
・歯周病の病態と最も相関が強い口腔細菌としてPorphyromonas ging...
2021年3月5日
インプラント情報
オッセオインテグレーション獲得後であっても糖尿病はインプラント治療のリスクなのか?
「オッセオインテグレーション獲得後であっても糖尿病はインプラント治療のリスクな...
2021年2月25日
インプラント情報
歯周病菌で食道がんリスク上昇。
・これまであまり検討されていなかった食道がん患者の口腔内所見と口腔内細菌叢の特徴...