矯正

Just another WordPress site

November, 2006

Month
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その2

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その2

インビザラインは、具体的にどのような治療方法ですか? インビザラインは、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の緻密なシュミレーションを行うところから始まります。 そして、このシュミレーション結果に基づき、それぞれ...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その1

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインに関するQ&A その1

インビザラインに関するこれまでの治療実績は? インビザラインは欧米を含む世界各国で35万人を超える患者の矯正治療に使用され、その効果が認められています。 米国で実施されたアンケート調査では、インビザラインによる治療を受けた患者の90%が、治...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのデメリット

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのデメリット

インビザラインのデメリット インビザラインは、すべての症例に適応になるわけではありません。 歯の凸凹が強く、歯列矯正に先立ち、抜歯が必要となる症例や上下の顎の位置に前後的・左右的ずれがある症例ではインビザラインの適応外となります。
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのメリット

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインのメリット

インビザラインのメリット 1.取り外しができて衛生的 :インビザライン・アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。また、簡単に洗浄ができ、衛生的です。 2.食べたいものが食べられる :インビザライン・アライナーは取...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインの特長

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインの特長

インビザラインは、上下の歯に透明な薄いマウスピースを着用するので、従来の歯列矯正のように、ブラケットやワイヤーを使用しないため、歯列矯正の治療中であることを人に知られることは少なくなります。 2週間に一度のペースで、新しいマウスピースを...
取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインとは

取り外し可能な見えない歯列矯正・インビザラインとは

インビザラインとは、歯の移動をコンピューターでシュミレーションすることにより作製されたマウスピースを順に使用していくことで、理想的な歯並びに近づけていくという今までにない歯列矯正の方法です。

関連情報

2019年12月5日
インプラント情報
50-60歳ではグループファンクションが68%に増加。
・Panekによる研究では、約26%だけが両側犬歯誘導で、実際には20-30歳で...
2019年12月1日
インプラント情報
サイナスリフト後に上顎洞炎を発症しやすい症例
・サイナスリフト後に上顎洞炎を発症しやすい症例 1. 洞粘膜肥厚5ミリ以上 2....
2019年11月28日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
淋しい人はボケる?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年11月25日
インプラント情報
平均的上顎洞粘膜の厚さはどのくらいか?
・平均的上顎洞粘膜の厚さを0.8-1.99ミリとしている。 また、2mm以下を生...
2019年11月20日
インプラント情報
後上歯槽動脈を損傷した際、止血が困難である理由。
・サイナスリフト時の上顎洞前壁を開窓する際に露出や損傷の可能性のある血管は、後上...
2019年11月15日
インプラント情報
1-IODから2-IODにより、義歯の維持力は約3倍に増大。
・ロケーターアタッチメントを用いる場合、インプラントが1本から2本に増えると義歯...
2019年11月12日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
好きなだけタバコを吸って、好きなだけお酒を飲んだ場合の人の寿命とは?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年11月10日
インプラント情報
恐竜は爬虫類と哺乳類の中間系
・恐竜が爬虫類でないと分かった理由 ヒトやイヌ、ウシなどの哺乳類の歯には根がある...
2019年11月5日
インプラント情報
日本人は再生療法を行う条件は良いとはいえない。
・特に日本人はルートランクが非常に短く、再生療法を行う条件は良いとはいえないこと...
2019年11月5日
インプラント情報
築造の種類によってCAD/CAM冠の破折リスクが変わる
・梶原は、硬質レジンジャケット冠(HJK)に繰り返し荷重を加えた実験にて、支台歯...