矯正

Just another WordPress site

March, 2007

Month
受け口(反対咬合)の歯列矯正

受け口(反対咬合)の歯列矯正

受け口(反対咬合)には、『機能性の受け口(反対咬合)』と『骨格的な受け口(反対咬合)』があります。 このうち、治療を行うタイミングが適切であれば、比較的簡単に治るのが『機能性の受け口(反対咬合)』です。 『機能性の受け口(反対咬合)』は、通...
歯列矯正経験者の声 その4

歯列矯正経験者の声 その4

歯列矯正経験者が治療を受けてよかったと思うことの上位にランキングされるのが、やはり『胃腸への負担が減った!』ということでしょう。 お口は消化管の入り口です。 しっかりと歯で咀嚼できないことには、そのしわ寄せですべて胃腸へ行ってしまいます。 ...
歯列矯正経験者の声 その3

歯列矯正経験者の声 その3

歯列矯正経験者が治療を受けてよかったと思うことの上位にランキングされるのが、やはり『発音が明瞭になった!』ということでしょう。 発音が不明瞭で、もごもごとお話する印象のあったお子さまが、歯列矯正を行った結果、発音がスムースに行うことのできる...
歯列矯正経験者の声 その2

歯列矯正経験者の声 その2

歯列矯正経験者が治療を受けてよかったと思うことの上位にランキングされるのが、やはり『歯磨きが短時間でしかもきれいにできるようになった!』ということでしょう。 歯列不正がある状態では、歯が重なって生えているため、どうしても歯磨きが難しくなりま...
歯列矯正経験者の声 その1

歯列矯正経験者の声 その1

歯列矯正経験者が治療を受けてよかったと思うことの上位にランキングされるのが、やはり『自分の笑顔に自信が持てるようになった!』ということでしょう。 人と話すときには、どうしても口元に目がいきます。そのため、歯並びに自信がない人は、口をあまり開...
歯列矯正相談を通して その3

歯列矯正相談を通して その3

歯列矯正相談には様々なタイプの患者さまが来院されますが、全般に思うのが、口呼吸や悪い習癖をお持ちの方が多いということです。 口で呼吸をする習慣になっていると、いつも口を開けているために、歯を唇で押さえる力が弱くなったり、舌の位置が変わったり...
歯列矯正相談を通して その2

歯列矯正相談を通して その2

歯列矯正相談には様々なタイプの患者さまが来院されますが、次は乳歯の虫歯を放置してしまったり、抜いてそのままにしていたりするケースです。 このようなケースでは、永久歯が斜めに生えてきたり、ズレて生えてきたりして、歯列不正を誘発するだけではなく...
歯列矯正相談を通して その1

歯列矯正相談を通して その1

歯列矯正相談には様々なタイプの患者さまが来院されますが、まずは、お子さんの歯列矯正相談で来院されたケースです。 歯列不正は遺伝的な要素が大きく、例えば、お父さんあるいはお母さんのいずれかで、反対咬合の方がいれば、そのお子さまも反対咬合になる...
歯列不正、咬み合わせの種類

歯列不正、咬み合わせの種類

1.上下顎前突 上下の歯がともに突き出ている咬み合わせ。横から見ると、口全体が突出しているように見える。 2.乱ぐい歯・八重歯(叢生) すべての歯が並びきれずに、歯列から飛び出したり、凸凹になっている咬み合わせ。 顎が大きさに対して、歯のひ...

関連情報

2020年7月5日
インプラント情報
2ミリ均一にフェルールがある中切歯は0.5-2ミリのフェルールがあるものより破折強度が強い。
・in vitroにおけるさまざまなフェルールの高さや形態を備えた根管治療をされ...
2020年7月1日
インプラント情報
歯槽骨基底部に幅がある方が二次的に硬・軟組織の高さを得やすい。
・インプラント間乳頭は、おもに審美的考慮から前歯部において重要であるが、ひとたび...
2020年6月25日
インプラント情報
ジルコニア表面は上皮性付着が起こり、プラークの付着しづらい。
・ジルコニア表面には上皮性付着が起こると考えています。 上皮はスムースな表面に付...
2020年6月20日
インプラント情報
骨粗鬆治療薬を休薬しても、顎骨壊死は起こる。
日本骨粗鬆学会や日本口腔外科学会で、休薬しようとしまいと実は効果は変わらない。 ...
2020年6月15日
インプラント情報
受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明
・受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明 若い女性は、受動喫煙により睡眠の質が...
2020年6月10日
インプラント情報
スカルドビア菌のう蝕誘発メカニズムを解明
・スカルドビア菌のう蝕誘発メカニズムを解明 早期小児う蝕患者から多く検出されるス...
2020年6月5日
インプラント情報
ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか?
・ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか? 健全な歯において、エナメル質表面のプラ...
2020年6月1日
インプラント情報
根尖孔拡大は歯根破折のリスクを高める。
抜去歯を用いて破折抵抗性を調べた論文。 ヒト抜去小臼歯(単根)を用い、作業長を根...
2020年5月25日
インプラント情報
1回の根管治療では術後疼痛は出現しやすいのか。
無症状でかつ鎮痛薬などを服用していない患者の再根管治療における、術後疼痛の出現お...
2020年5月20日
インプラント情報
補綴装置として義歯を選択すると、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。
・補綴装置として部分床義歯を選択すると、その他の固定性補綴オプションの選択と比較...