矯正

Just another WordPress site

歯列矯正で睡眠時無呼吸症候群予防!

約 2 分

日本人の8割が危険!睡眠時無呼吸症の死角


NHK ためしてガッテン 2010年6月23日放送



http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100623



番組によると、最近の研究では、睡眠時無呼吸症が、糖尿病や高血圧、
脳卒中や心臓病などの重い病気まで引き起こすことが明らかになってきたそうです。


睡眠時無呼吸症は、舌の根元がのどに落ち込んで気道をふさぐために起こります。太った人がかかると思われがちでしたが、日本人を対象にした調査では、43%の方が肥満ではなかったそうです。




では、なぜ睡眠時無呼吸症になるのかというと、顎が小さいから。顎に対して舌が大きくてふさぎやすくなるのです。番組によると実は欧米の人に比べ日本人はあごが小さい人が多く、7?8割が「小さいあご」に当てはまるそうです。


詳細は番組ホームページをご覧ください。


歯並びが悪い人も、小さい顎の可能性があります。歯並びと顎の状態によりますが、歯列矯正治療で顎を広げたり、舌側に傾いたり飛び出した歯をきれいに整えることで、舌の器を大きくして、睡眠時無呼吸症になりにくくする効果が期待できます。


堀歯科医院では、可能な限り非抜歯で舌の部屋をひろげる矯正治療を行い舌の訓練も指導していますが、このような歯列矯正が、虫歯・歯周病予防だけでなく、糖尿病や高血圧、脳卒中や心臓病などの重い病気の予防にもつながるということになるのですね。


追記


なお、成長期の子どもの矯正は、原因から治す顎顔面口腔育成治療(ランパ矯正・骨格矯正)http://www.sendai-kyousei.net/kodomo/RAMPA/をお勧めします。


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

関連情報

2020年3月25日
インプラント情報
連結冠で支台歯の負担を減弱化できる。
・Shohetは遊離端義歯での支台歯2本を連結することで、遠心支台歯への負担を1...
2020年3月20日
インプラント情報
IARPDはRPDと比較して、義歯の安定、咀嚼および審美性に有意に優れる。
・Wismeijerらの研究では、片側もしくは下顎両側性遊離端欠損症例において、...
2020年3月15日
インプラント情報
歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響
・歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響:システマティ...
2020年3月10日
インプラント情報
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい?
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい? ステンレススチールファイルを使...
2020年3月5日
インプラント情報
根面う蝕罹患率は、80代で70%。
・2017年における、我が国の高齢者の根面う蝕罹患率は70代で65%、80代で7...
2020年3月1日
インプラント情報
ショートインプラントとクラウン-インプラント比
・本研究ではインプラントの生存率についての記載がないが、訳者がショートインプラン...
2020年2月25日
インプラント情報
100歳以上の男女100人で、「前歯で肉を咬み切れる」6割
100歳以上で「自分の歯が残っている」人は約3割。 「前歯で肉を咬み切れる」のは...
2020年2月20日
インプラント情報
咬合不調和が放置されると予後不良となる場合がある。
Harrel&Nunnは歯周病患者89名を対象とした1-10年の後ろ向き研究で咬...
2020年2月15日
インプラント情報
直接法ファイバーコアが脱離しやすい理由
・CRを歯に接着する場合、エナメル質と象牙質では性質が全く異なる。 エナメル質と...
2020年2月10日
インプラント情報
咬合性外傷で炎症加速。
NakatsuらがLPS、LPS抗体によりラットに実験的に歯周炎を導入したうえで...