矯正

Just another WordPress site

インビザラインについて

Category
インビザラインの注意

インビザラインの注意

装置時間が不足したり、アライナーを歯にしっかりあわせていないと、予定通りの歯の移動が起こらないので、一つのアライナーを長く使うことになり、結果的に治療期間が長くかかってしまいます。また、経過の確認や調整のため、通院間隔を短くしなければならな...
インビザラインのメリット

インビザラインのメリット

1. 透明で薄い装置なのでほとんど見えず目立ちません。2. 装置をつけているときの違和感が少なく、発音もしやすいです。3. 取り外しの装置なので、普段どおりの食事・歯磨きができます。4. 装置自体の清掃も容易です。※メリットである、取り外し...
他のマウスピース矯正と異なる、インビザラインの特長

他のマウスピース矯正と異なる、インビザラインの特長

・インビザラインは、歯型をCTスキャンし、コンピューターシュミレーションで治療計画を立てます。・アライナー発注前に来院いただき、パソコンで治療の3Dシュミレーションをご確認いただけます(お任せいただく場合はそのまま発注いたします。)・シュミ...
インビザラインとマウスピース矯正

インビザラインとマウスピース矯正

インビザラインは、マウスピース矯正法のひとつです。乳歯が全部生え変わった10代の方から治療できます。マウスピース矯正とは、歯形に合わせて薄い透明なマウスピースを取り変えたり、部分的にくりぬいたり、動かしたい方向に突起をつけておしたりして、少...

関連情報

2020年4月1日
インプラント情報
1日3回以上の歯磨きで心不全リスク12%低下。
・1日3回以上の歯磨きで心不全リスク12%低下 これまでの研究で、口腔衛生不良は...
2020年3月25日
インプラント情報
連結冠で支台歯の負担を減弱化できる。
・Shohetは遊離端義歯での支台歯2本を連結することで、遠心支台歯への負担を1...
2020年3月20日
インプラント情報
IARPDはRPDと比較して、義歯の安定、咀嚼および審美性に有意に優れる。
・Wismeijerらの研究では、片側もしくは下顎両側性遊離端欠損症例において、...
2020年3月15日
インプラント情報
歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響
・歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響:システマティ...
2020年3月10日
インプラント情報
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい?
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい? ステンレススチールファイルを使...
2020年3月5日
インプラント情報
根面う蝕罹患率は、80代で70%。
・2017年における、我が国の高齢者の根面う蝕罹患率は70代で65%、80代で7...
2020年3月1日
インプラント情報
ショートインプラントとクラウン-インプラント比
・本研究ではインプラントの生存率についての記載がないが、訳者がショートインプラン...
2020年2月25日
インプラント情報
100歳以上の男女100人で、「前歯で肉を咬み切れる」6割
100歳以上で「自分の歯が残っている」人は約3割。 「前歯で肉を咬み切れる」のは...
2020年2月20日
インプラント情報
咬合不調和が放置されると予後不良となる場合がある。
Harrel&Nunnは歯周病患者89名を対象とした1-10年の後ろ向き研究で咬...
2020年2月15日
インプラント情報
直接法ファイバーコアが脱離しやすい理由
・CRを歯に接着する場合、エナメル質と象牙質では性質が全く異なる。 エナメル質と...