矯正

Just another WordPress site

マウスピース矯正

約 2 分

マウスピース矯正は取り外し可能なマウスピースで歯並びを治す治療法です。
CPA:Clear Plastic Apprianceと呼ばれ、可撤式装置の一種です。

マウスピースといっても、歯軋りに対するもの、顎関節症治療用、スポーツ用といろいろあります。
マウスピース矯正の治療用マウスピースは上記と似たような形状の場合もありますが、
歯並びを整える目的で作られています。

マウスピース矯正はひとつではなく、多くの会社からそれぞれのマウスピース矯正システムが開発されています。
堀歯科医院ではインビザライン以外のマウスピース矯正についても研修を受け認定を受けています。

(リンクは各システムのサイトにリンクしています)
アクアシステム
ストレートライン
アソアライナー(旧クリアアライナー)
Essix

こどものマウスピース矯正では
ムーシールド
T4K、T4K infant、T4A トレーナーシステム、マイオブレイス
プレオルソ



永久歯列でワイヤー矯正と同様に、歯並び全体を治す場合は、現時点ではインビザラインが一番効率的です。
部分矯正、矯正後の後戻りの治療、被せ物の治療の前に行う小矯正、などの際は、
インビザライン以外のマウスピース矯正も検討し、ご提案させていただいております。


関連情報

2018年11月10日
インプラント情報
BP製剤関連顎骨壊死で、露出した骨自体には痛みはない。
・患部に痛みが生じた場合、どう対処するべきか? 痛みを感じるためには正常な神経組...
2018年11月5日
インプラント情報
BP製剤関連顎骨壊死では、露出した骨は感染を起こすことは稀。
・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死では、露出した骨は感染を起こすでしょうか? 感...
2018年11月1日
インプラント情報
BP製剤は上下顎骨に対する作用が顕著。
・BP製剤はすべての骨に同じように作用するわけではない。 全身に作用するが、上下...
2018年10月25日
インプラント情報
インプラントのPPDは誤差が大きい場合がある。
・インプラント周囲炎患者を対象に、上部構造の形態がプロービング検査に与える影響を...
2018年10月20日
インプラント情報
BP薬剤は、下顎皮質骨骨密度を大きく上昇させる。
・経口ビスフォスフォネート薬剤が下顎骨に与える影響について 本研究では、骨粗鬆症...
2018年10月15日
インプラント情報
顎骨壊死様病変は抗がん剤とビスフォスフォネート製剤の併用投与群にしか起こらない。
・抜歯窩治癒不全の抗軟組織治癒を促進する脂肪組織由来幹細胞移植が骨髄の微小環境に...
2018年10月11日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
がんになりやすい人は心筋梗塞になりにくい?!
歯科衛生士募集中!歯科衛生士募集中! 堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を
2018年10月10日
インプラント情報
無歯顎患者にインプラントをした場合、インプラント周囲炎にはならないのか?
・10年フォローアップ期間における無歯顎患者へのインプラント支持型下顎オーバーデ...
2018年10月9日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
心筋梗塞になりやすい血液型とは?!
歯科衛生士募集中!歯科衛生士募集中! 堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を
2018年10月5日
インプラント情報
塩化カルシウム水熱処理で、骨芽細胞接着数が向上。
・新規多孔性チタン骨再建材料の開発 塩化カルシウム水熱処理は、チタン表面への骨芽...