矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合のための技術革新

約 2 分
先日、アライン社の担当さんが仙台まで来てくださいました。
日頃気になっていた細かい運用のことなど、いろいろお話出来ました。
その中で、一番気になった嬉しいニュースが、
もう間もなくインビザラインの3Dシュミレーションソフトのクリンチェックがバージョンアップするとのことで、
今からとても楽しみです。





今回のバージョンアップで、過蓋咬合(前歯の咬み合せが深い状態)の改善がしやすくなります。
過蓋咬合は、一般の方にはあまり歯列不正の状態として認識されていませんが、
奥歯の寿命や関節への影響が大きく、呼吸の面からも改善することが望ましい状態です。

当院でも咬合治療として力を入れている部分でもありますが、
インビザライン単独では改善しにくく感じていたので、
バージョンアップで補助装置の使用期間の短縮や装置の単純化が期待できます。

また、新しく改善された点について技術部門の担当の方の説明を聞き、
発段階から関与している先生方の臨床例を勉強するため
東京のセミナーへ参加予定です。
invisag5.jpg
どうぞご期待下さい。



関連情報

No items.