矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合のための技術革新

約 2 分
先日、アライン社の担当さんが仙台まで来てくださいました。
日頃気になっていた細かい運用のことなど、いろいろお話出来ました。
その中で、一番気になった嬉しいニュースが、
もう間もなくインビザラインの3Dシュミレーションソフトのクリンチェックがバージョンアップするとのことで、
今からとても楽しみです。





今回のバージョンアップで、過蓋咬合(前歯の咬み合せが深い状態)の改善がしやすくなります。
過蓋咬合は、一般の方にはあまり歯列不正の状態として認識されていませんが、
奥歯の寿命や関節への影響が大きく、呼吸の面からも改善することが望ましい状態です。

当院でも咬合治療として力を入れている部分でもありますが、
インビザライン単独では改善しにくく感じていたので、
バージョンアップで補助装置の使用期間の短縮や装置の単純化が期待できます。

また、新しく改善された点について技術部門の担当の方の説明を聞き、
発段階から関与している先生方の臨床例を勉強するため
東京のセミナーへ参加予定です。
invisag5.jpg
どうぞご期待下さい。



関連情報

2018年11月10日
インプラント情報
BP製剤関連顎骨壊死で、露出した骨自体には痛みはない。
・患部に痛みが生じた場合、どう対処するべきか? 痛みを感じるためには正常な神経組...
2018年11月5日
インプラント情報
BP製剤関連顎骨壊死では、露出した骨は感染を起こすことは稀。
・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死では、露出した骨は感染を起こすでしょうか? 感...
2018年11月1日
インプラント情報
BP製剤は上下顎骨に対する作用が顕著。
・BP製剤はすべての骨に同じように作用するわけではない。 全身に作用するが、上下...
2018年10月25日
インプラント情報
インプラントのPPDは誤差が大きい場合がある。
・インプラント周囲炎患者を対象に、上部構造の形態がプロービング検査に与える影響を...
2018年10月20日
インプラント情報
BP薬剤は、下顎皮質骨骨密度を大きく上昇させる。
・経口ビスフォスフォネート薬剤が下顎骨に与える影響について 本研究では、骨粗鬆症...
2018年10月15日
インプラント情報
顎骨壊死様病変は抗がん剤とビスフォスフォネート製剤の併用投与群にしか起こらない。
・抜歯窩治癒不全の抗軟組織治癒を促進する脂肪組織由来幹細胞移植が骨髄の微小環境に...
2018年10月11日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
がんになりやすい人は心筋梗塞になりにくい?!
歯科衛生士募集中!歯科衛生士募集中! 堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を
2018年10月10日
インプラント情報
無歯顎患者にインプラントをした場合、インプラント周囲炎にはならないのか?
・10年フォローアップ期間における無歯顎患者へのインプラント支持型下顎オーバーデ...
2018年10月9日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
心筋梗塞になりやすい血液型とは?!
歯科衛生士募集中!歯科衛生士募集中! 堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を
2018年10月5日
インプラント情報
塩化カルシウム水熱処理で、骨芽細胞接着数が向上。
・新規多孔性チタン骨再建材料の開発 塩化カルシウム水熱処理は、チタン表面への骨芽...