矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合のための技術革新

約 2 分
先日、アライン社の担当さんが仙台まで来てくださいました。
日頃気になっていた細かい運用のことなど、いろいろお話出来ました。
その中で、一番気になった嬉しいニュースが、
もう間もなくインビザラインの3Dシュミレーションソフトのクリンチェックがバージョンアップするとのことで、
今からとても楽しみです。





今回のバージョンアップで、過蓋咬合(前歯の咬み合せが深い状態)の改善がしやすくなります。
過蓋咬合は、一般の方にはあまり歯列不正の状態として認識されていませんが、
奥歯の寿命や関節への影響が大きく、呼吸の面からも改善することが望ましい状態です。

当院でも咬合治療として力を入れている部分でもありますが、
インビザライン単独では改善しにくく感じていたので、
バージョンアップで補助装置の使用期間の短縮や装置の単純化が期待できます。

また、新しく改善された点について技術部門の担当の方の説明を聞き、
発段階から関与している先生方の臨床例を勉強するため
東京のセミナーへ参加予定です。
invisag5.jpg
どうぞご期待下さい。



関連情報

2020年3月25日
インプラント情報
連結冠で支台歯の負担を減弱化できる。
・Shohetは遊離端義歯での支台歯2本を連結することで、遠心支台歯への負担を1...
2020年3月20日
インプラント情報
IARPDはRPDと比較して、義歯の安定、咀嚼および審美性に有意に優れる。
・Wismeijerらの研究では、片側もしくは下顎両側性遊離端欠損症例において、...
2020年3月15日
インプラント情報
歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響
・歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響:システマティ...
2020年3月10日
インプラント情報
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい?
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい? ステンレススチールファイルを使...
2020年3月5日
インプラント情報
根面う蝕罹患率は、80代で70%。
・2017年における、我が国の高齢者の根面う蝕罹患率は70代で65%、80代で7...
2020年3月1日
インプラント情報
ショートインプラントとクラウン-インプラント比
・本研究ではインプラントの生存率についての記載がないが、訳者がショートインプラン...
2020年2月25日
インプラント情報
100歳以上の男女100人で、「前歯で肉を咬み切れる」6割
100歳以上で「自分の歯が残っている」人は約3割。 「前歯で肉を咬み切れる」のは...
2020年2月20日
インプラント情報
咬合不調和が放置されると予後不良となる場合がある。
Harrel&Nunnは歯周病患者89名を対象とした1-10年の後ろ向き研究で咬...
2020年2月15日
インプラント情報
直接法ファイバーコアが脱離しやすい理由
・CRを歯に接着する場合、エナメル質と象牙質では性質が全く異なる。 エナメル質と...
2020年2月10日
インプラント情報
咬合性外傷で炎症加速。
NakatsuらがLPS、LPS抗体によりラットに実験的に歯周炎を導入したうえで...