矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合のための技術革新

約 2 分
先日、アライン社の担当さんが仙台まで来てくださいました。
日頃気になっていた細かい運用のことなど、いろいろお話出来ました。
その中で、一番気になった嬉しいニュースが、
もう間もなくインビザラインの3Dシュミレーションソフトのクリンチェックがバージョンアップするとのことで、
今からとても楽しみです。





今回のバージョンアップで、過蓋咬合(前歯の咬み合せが深い状態)の改善がしやすくなります。
過蓋咬合は、一般の方にはあまり歯列不正の状態として認識されていませんが、
奥歯の寿命や関節への影響が大きく、呼吸の面からも改善することが望ましい状態です。

当院でも咬合治療として力を入れている部分でもありますが、
インビザライン単独では改善しにくく感じていたので、
バージョンアップで補助装置の使用期間の短縮や装置の単純化が期待できます。

また、新しく改善された点について技術部門の担当の方の説明を聞き、
発段階から関与している先生方の臨床例を勉強するため
東京のセミナーへ参加予定です。
invisag5.jpg
どうぞご期待下さい。



関連情報

2020年6月5日
インプラント情報
ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか?
・ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか? 健全な歯において、エナメル質表面のプラ...
2020年6月1日
インプラント情報
根尖孔拡大は歯根破折のリスクを高める。
抜去歯を用いて破折抵抗性を調べた論文。 ヒト抜去小臼歯(単根)を用い、作業長を根...
2020年5月25日
インプラント情報
1回の根管治療では術後疼痛は出現しやすいのか。
無症状でかつ鎮痛薬などを服用していない患者の再根管治療における、術後疼痛の出現お...
2020年5月20日
インプラント情報
補綴装置として義歯を選択すると、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。
・補綴装置として部分床義歯を選択すると、その他の固定性補綴オプションの選択と比較...
2020年5月15日
インプラント情報
長顔女性への前歯インプラントは、将来的な審美障害に注意が必要である。
・Opdebeeckは1978年にショートフェイスシンドロームについて論じ、短顔...
2020年5月10日
インプラント情報
未処置根管により根尖病巣は惹起されやすいのか。
・CBCTを用いて、臼歯部の根管治療における未処置根管の影響を調べた研究 未処置...
2020年5月5日
インプラント情報
フッ化物の使用は臼歯部よりも前歯部で高い効果が認められた。
・新潟県の一つの中学校の1年生に健診を行い、出身小学校でグループ分けしてう蝕経験...
2020年5月1日
インプラント情報
根管治療後の歯列矯正はどのタイミングが良いのか。
適切な根管治療を行った場合に、いつから矯正移動開始できるかに関しては、現在まで明...
2020年4月25日
インプラント情報
インプラントで必要な頬側骨骨幅。
・必要な頬側骨骨幅の再考:ビーグル犬による動物実験 (結果) 72本のインプラン...
2020年4月20日
インプラント情報
根管治療が治療時間がかかる理由。
・根管の形態は必ずしも円錐形を呈していないことは周知の事実である。 Wuらは、下...