矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合治療

Category
5歳からの歯列矯正・過蓋咬合

5歳からの歯列矯正・過蓋咬合

過蓋咬合の場合、下顎が前方向に成長しにくくなり顎が小さくなったり、上の歯にブロックされて顎運動に影響が出る可能性があります。 これまで幼児期には、歯並び・咬み合わせに問題があっても、 まだ治療できない、あるいは、永久歯が生えてくるまで様子を...
過蓋咬合

過蓋咬合

奥歯で咬んだ時、下の前歯が上の前歯に隠れて見えない状態を過蓋咬合(かがいこうごう。別名ディーブバイト)といいます。不正咬合のひとつですが、幼児期の歯科検診で指摘されても、生え変わりを注意していきましょう、といわれるぐらいで、あまり積極的な治...

関連情報

No items.