矯正

Just another WordPress site

過蓋咬合治療

Category
5歳からの歯列矯正・過蓋咬合

5歳からの歯列矯正・過蓋咬合

過蓋咬合の場合、下顎が前方向に成長しにくくなり顎が小さくなったり、上の歯にブロックされて顎運動に影響が出る可能性があります。 これまで幼児期には、歯並び・咬み合わせに問題があっても、 まだ治療できない、あるいは、永久歯が生えてくるまで様子を...
過蓋咬合

過蓋咬合

奥歯で咬んだ時、下の前歯が上の前歯に隠れて見えない状態を過蓋咬合(かがいこうごう。別名ディーブバイト)といいます。不正咬合のひとつですが、幼児期の歯科検診で指摘されても、生え変わりを注意していきましょう、といわれるぐらいで、あまり積極的な治...

関連情報

2019年1月15日
インプラント情報
βカロテンのサプリメントで、肺がん発症が約1.3倍増加。
・喫煙者にβカロテンのサプリメントを服用させた大規模介入試験では、肺がん発症が約...
2019年1月10日
インプラント情報
歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?
・25名の参加者に対して、先に歯ブラシで歯を磨き、次にデンタルフロスを使って歯間...
2019年1月6日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
がん家系の人は、糖質制限をする方が良い?!
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。 ~
2019年1月5日
インプラント情報
リグロスで、がん増殖?!
・FGF-2は細胞増殖に有意に働くが、がん細胞においてはその増殖ならびに遊走性を...
2019年1月1日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
心房細動になって困る2つのこととは?!
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。 ~
2019年1月1日
インプラント情報
上顎犬歯のフェネストレーションの発現頻度は、上顎犬歯で約29%。
・日本人は欧米人に比べてフェネストレーションを起こす頻度が高く、発現頻度は上顎犬...
2018年12月25日
インプラント情報
リグロスの効果はばらつきが大きい。
・リグロスを使用した再生治療では、エックス線写真上での不透過性の亢進がそれほど認...
2018年12月22日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
電子レンジで調理した食べ物は体に悪い?!
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。 ~
2018年12月20日
インプラント情報
スポーツ選手の齲蝕有病率は高い。
・イギリスの複数のプロサッカーの摂取187名を対象に、口腔衛生状態を調べ、イギリ...
2018年12月15日
インプラント情報
野球選手は、歯の外傷が多い。
・外傷のうち、顎口腔領域にのみ焦点を当てると、天笠(2002)によれば、競技別で...