矯正

Just another WordPress site

矯正治療はいつから?

約 2 分
お子さんの歯並びで心配なこと、気がかりなことがありましたら、まずは一度、小児歯科か矯正歯科を受診して相談されてください。
小児歯科は、何歳でも、0歳でもかまいません。
当院では、お口の状態を見て、これからの成長変化の一般的なお話、治療する場合の概要などを説明しております。
定期健診で成長発育を見せてもらいながら、治療が必要かどうか、開始するタイミングはいつがいいか見ていきます。


子供の矯正治療をいつ開始するのか、それは歯列不正の状態により様々で、一概にはいえません。
耳鼻科疾患の有無も影響します。
矯正関連で一番大きい学会である日本矯正歯科学会は、7歳になったら歯並びチェックを受けることを推奨しています。
永久歯の前歯が生える時期です。
上記とは別の学会、日本歯科矯正専門医学会は
上の前歯が出ているお子さんのための矯正治療ガイドラインを作成しています。
前歯が出ている出っ歯の状態、上顎前突といわれる歯並びのお子さんの治療は、
12歳以降(永久歯列になってから)開始することを推奨しています。
開始は12歳以降としても、相談は気になった時点で一度なさることをお勧めします。
骨格的な問題はないのか・放置することで骨格性に移行する問題はないのか、という診断は必要と考えます。
骨格性の問題を改善できるのは成長期、それも幼児期から小学校低学年の時期が効果的です。
そのころまでに、歯並び咬み合わせが悪い、何かおかしい気がする、という場合は、
骨格的なことも見ている小児歯科・矯正歯科に相談されることをお勧めします。
当院では、学童期に顎顔面口腔育成治療を行うことで、顔面骨格が本来の自然な前方成長ができるようにしていきます。
大人の歯が生えてきて、歯並びが気になるときなにもせず様子を見ていて、自然に良くなることはまずありません。
歯並びが悪くなる原因がどこかにあります。それを、いつ、どのように取り除くのか。
まずはご相談ください。
(2016年10月31日更新)

関連情報

2021年1月15日
インプラント情報
cnm陽性ミュータンス菌が歯垢中から検出された患者は、微小脳出血の出現率が4.7倍高い。
ミュータンス菌が微小脳出血に関与 ミュータンス菌のうち、脳の血管内のコラーゲンと...
2021年1月10日
インプラント情報
1歳半で保育所に通っている幼児は、虫歯になるリスクが1.55倍高い。
・1歳半で保育所に通っている幼児は、日中に親の養育を受ける幼児と比べて、3歳にな...
2021年1月5日
インプラント情報
感染症予防に「Ig-A」が有効。
・感染症予防に「Ig-A」が有効。 マスク着用で口臭が気になる人が急増した原因の...
2021年1月1日
インプラント情報
根尖が開窓している歯牙は?
Yoshikawaらによる根尖病変が存在した歯の根尖をCBCTで観察した報告では...
2020年12月25日
インプラント情報
口蓋側根面溝は、2.8%-18%の頻度で報告されている。
口蓋側根面溝は、2.8%-18%の頻度で報告されている。 確実な成因は不明である...
2020年12月20日
インプラント情報
矯正歯科治療で予防歯科!
矯正歯科治療により不正咬合が改善されると咀嚼効率が上昇し唾液分泌量が増加する可能...
2020年12月15日
インプラント情報
痛くなかった歯が根管治療後に痛む理由とは?!
フレアアップは抗生物質の術前投与では予防できないというのが現在の共通見解である。...
2020年12月10日
インプラント情報
X線上でどのように樋状根を予測するのか。
・Haddadらは、デンタルX線撮影で以下のような特徴がみられた場合、樋状根の存...
2020年12月5日
インプラント情報
MB2の発見率は、歯科用ルーペ使用で55.3%、マイクロスコープ使用で57.4%
・Buhrleyらは、上顎大臼歯の近心頬側第2根管の発見率が、裸眼で18.2%、...
2020年11月15日
インプラント情報
25歳以上の交叉咬合はあえて改善しない。
・成人患者、25歳以上の交叉咬合はあえて改善しない。 トルクをかけると咬む位置が...