矯正

Just another WordPress site

咬合誘導と成人矯正の違い

約 1 分

咬合誘導は、永久歯の歯並びのための土台作りを行います。


小児期に開始することで、
上顎の幅を広げること、
下顎の左右非対称を緩和すること、
下顎後退症の改善
などが可能です。


また、永久歯の生える場所を用意することで、
ワイヤーで仕上げる時の歯の移動量を少なく、後戻りしにくくします。


関連情報

2021年2月25日
インプラント情報
歯周病菌で食道がんリスク上昇。
・これまであまり検討されていなかった食道がん患者の口腔内所見と口腔内細菌叢の特徴...
2021年2月20日
インプラント情報
歯列不正とシャベル切歯
・日本人の歯並びはなぜ悪いのだろう? 上顎前突や叢生が起こりやすいのは、それなり...
2021年2月15日
インプラント情報
カカオポリフェノールで血圧低下。
・日本で初めて高カカオチョコレート(カカオ分70%以上)を25g/日、4週間摂取...
2021年2月10日
インプラント情報
59%の下顎智歯は、智歯周囲炎の既往のため抜歯となっている.
・下顎智歯周囲炎(この場合、5ミリを超える歯周ポケット)の罹患率は、25歳以降に...
2021年2月5日
インプラント情報
特定の歯周病菌で食道がんリスクが約6倍に!
食道がんと口腔細菌に関係  江戸川病院と総合南東北病院との共同研究。 研究では、...
2021年2月1日
インプラント情報
血流量の影響を受ける歯と受けない歯の違い
従来からいわれている知覚過敏では説明できない現象として、同じような実質欠損がある...
2021年1月25日
インプラント情報
咀嚼回数と顎骨の発育の関連性
顎骨の発育は遺伝子的な要因が大きいと思われますが、小中学生のころに噛み応えのある...
2021年1月20日
インプラント情報
歯周病でサルコペニアの病態悪化。
骨格筋は体重の約40%を占める最大の臓器で、全身の糖代謝調節においても基幹的な...
2021年1月15日
インプラント情報
cnm陽性ミュータンス菌が歯垢中から検出された患者は、微小脳出血の出現率が4.7倍高い。
ミュータンス菌が微小脳出血に関与 ミュータンス菌のうち、脳の血管内のコラーゲンと...
2021年1月10日
インプラント情報
1歳半で保育所に通っている幼児は、虫歯になるリスクが1.55倍高い。
・1歳半で保育所に通っている幼児は、日中に親の養育を受ける幼児と比べて、3歳にな...