矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2020年8月10日
インプラント情報
根面う蝕の原因菌
歯周病、う蝕の原因となる酸産生能が強いS.mutansやLactobacillu...
2020年8月5日
インプラント情報
上顎第一大臼歯のルートランクは、遠心>近心≒頬側。
江澤らによると、上顎第一大臼歯のルートランクは、遠心>近心≒頬側であり、病変の出...
2020年8月1日
インプラント情報
根分岐部病変の予後が悪い理由。
・根分岐部病変の予後が悪い理由は、歯肉線維が関係していると考えられる。 歯肉線維...
2020年7月15日
インプラント情報
上顎第一大臼歯の近心頬側根は、見落しのある歯根率が59.5%。
・根管治療で見落とされた根管による根尖病変発現率への影響 (目的) 本研究の目的...
2020年7月10日
インプラント情報
劣形な支台歯に補助的な特徴を付与することによる効果の比較
・支台歯が十分な抵抗形態を有していない場合における補助的な特徴を付与することによ...
2020年7月5日
インプラント情報
2ミリ均一にフェルールがある中切歯は0.5-2ミリのフェルールがあるものより破折強度が強い。
・in vitroにおけるさまざまなフェルールの高さや形態を備えた根管治療をされ...
2020年7月1日
インプラント情報
歯槽骨基底部に幅がある方が二次的に硬・軟組織の高さを得やすい。
・インプラント間乳頭は、おもに審美的考慮から前歯部において重要であるが、ひとたび...
2020年6月25日
インプラント情報
ジルコニア表面は上皮性付着が起こり、プラークの付着しづらい。
・ジルコニア表面には上皮性付着が起こると考えています。 上皮はスムースな表面に付...
2020年6月20日
インプラント情報
骨粗鬆治療薬を休薬しても、顎骨壊死は起こる。
日本骨粗鬆学会や日本口腔外科学会で、休薬しようとしまいと実は効果は変わらない。 ...
2020年6月15日
インプラント情報
受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明
・受動喫煙でも睡眠の質が低下することを解明 若い女性は、受動喫煙により睡眠の質が...