矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2019年11月12日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
好きなだけタバコを吸って、好きなだけお酒を飲んだ場合の人の寿命とは?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年11月10日
インプラント情報
恐竜は爬虫類と哺乳類の中間系
・恐竜が爬虫類でないと分かった理由 ヒトやイヌ、ウシなどの哺乳類の歯には根がある...
2019年11月5日
インプラント情報
日本人は再生療法を行う条件は良いとはいえない。
・特に日本人はルートランクが非常に短く、再生療法を行う条件は良いとはいえないこと...
2019年11月1日
インプラント情報
荷重がかかる骨では、骨細胞のスクレオスチン産生がストップ。
・2008年にRoblingらは、マウスの橈骨に荷重をかけることで、骨細胞でのス...
2019年10月25日
インプラント情報
歯周炎の治療により心疾患のリスクマーカーは限定的に改善する。
・歯周炎の治療により血管内皮機能が向上するか? CRP、IL-6、白血球数、可溶...
2019年10月20日
インプラント情報
口腔ケアにより肺炎を減少させることのエビデンスレベルは低い。
コクランSR(Liu Cら, 2018)において、口腔ケアの肺炎の発症抑制効果に...
2019年10月15日
インプラント情報
ひとり親世帯の子供は、歯の疾患やアレルギー疾患の有病率が高い。
生活保護受給者への健康管理支援が2021年から全国の福祉事務所で開始される。 し...
2019年10月10日
インプラント情報
臼歯で咬むときと前歯で咬むときとで、脳が活性化される部位が異なる。
・歯の喪失が認知症の危険因子になるということはこれまでも提唱されており、口でもの...
2019年10月6日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
子供受けする食事の問題点とは?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年10月5日
インプラント情報
上顎大臼歯が上顎洞に入り込んでいる割合
・上顎大臼歯が上顎洞に入り込んでいる割合は約23.3%であり、臼歯根尖が洞底粘膜...