矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2019年10月10日
インプラント情報
臼歯で咬むときと前歯で咬むときとで、脳が活性化される部位が異なる。
・歯の喪失が認知症の危険因子になるということはこれまでも提唱されており、口でもの...
2019年10月6日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
子供受けする食事の問題点とは?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年10月5日
インプラント情報
上顎大臼歯が上顎洞に入り込んでいる割合
・上顎大臼歯が上顎洞に入り込んでいる割合は約23.3%であり、臼歯根尖が洞底粘膜...
2019年10月1日
インプラント情報
臼歯欠損部に埋入された6.5ミリ以下のショートインプラントの生存率
・臼歯欠損部に埋入された6.5ミリ以下のショートインプラントの生存率と12か月の...
2019年9月25日
インプラント情報
主機能部位という側面でも義歯よりインプラントに軍配が!
・我々は、同等の臼歯部咬合支持の喪失を示す患者に対して、局部床義歯かインプラント...
2019年9月20日
インプラント情報
ガイドサージェリーの誤差は、距離で2ミリ以内、角度で8度以内。
・コンピュータ支援口腔インプラント外科の正確性:臨床的及びX線学的研究 (目的)...
2019年9月15日
インプラント情報
P.gigivalisのジンジパインにより、アルツハイマー病発症か。
・アルツハイマー病の原因は脳内に侵入したP.gigivalisが分泌するタンパク...
2019年9月10日
インプラント情報
歯根破折の診断確定に、2年!
吉野らは、患者が症状(主として咬合痛)を訴えてから歯根破折の確定診断がつくまでに...
2019年9月5日
インプラント情報
キーストーン病原菌 P.g菌
・無菌マウスと通常の細菌叢が存在するマウスに、それぞれP.gを混入した懸濁液を2...
2019年9月1日
インプラント情報
インプラント破折の原因は、材料の金属疲労と辺縁骨の吸収である。
・Morganらは、インプラント破折の原因は過荷重ではなく、材料の金属疲労と辺縁...