矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2018年9月20日
インプラント情報
インプラント治療で低栄養を改善!
・義歯を含めた全歯列の最大咬合力を用いて、咬合力と栄養摂取との関連を調査した報告...
2018年9月15日
インプラント情報
辺縁を歯肉縁下に設定すると歯肉退縮が生じやすい。
・Orkinらは、全423歯のクラウンを355歯の歯肉縁下マージンと68歯の歯肉...
2018年9月15日
インプラント情報
インプラントを義歯の直接支台として使う場合
・天然歯に側方力が加わると、回転中心は歯根の根尖側1/3となるのに対して、インプ...
2018年9月10日
インプラント情報
インプラント埋入直後の上顎洞炎
・CBCTを用いて、上顎臼歯の根尖と上顎洞までの距離を計測した研究では、第一小臼...
2018年9月5日
インプラント情報
現在歯数と栄養素摂取の関係
・日本歯科医師会会員の現在歯数と栄養素摂取の関係 日本歯科医師会会員約2万名の健...
2018年9月1日
インプラント情報
インプラントが入っている患者さんへのフッ化物応用は?
・インプラントが入っている患者さんへのフッ化物応用は? 家庭で使うフッ化物配合歯...
2018年8月25日
インプラント情報
ソーセージテクニック
・筆者はすべての喫煙者に対して、手術の3か月前から禁煙を行うように指導し、最低で...
2018年8月20日
インプラント情報
根尖と下顎管が交通している割合は、若い女性に多い。
・Burkleinらは、CBCTを用いて下顎臼歯根尖と下顎管の距離(両者が交通し...
2018年8月15日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
パンに発がん性?!
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。 ~
2018年8月15日
インプラント情報
根管治療の予後判定は術後4年が目安。
・根管治療の予後判定は、一般的には術後4年が一つの観察期間の目安とされており、こ...