矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2019年8月20日
インプラント情報
インプラントの太さにより、応力の集中する部位が異なる。
・Chemtov-Yonaらは、内部連結のコニカル型インプラントの直径の違いによ...
2019年8月16日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
糖質制限の真実! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年8月15日
インプラント情報
インプラントの上部構造のトラブルは、ブラキサーで多く発生。
・Chrcanovicらのもう1編の研究は98名のブラキサーのインプラントでの合...
2019年8月10日
インプラント情報
インプラントも50μmまでは動揺する。
・インプラントは骨組織内で最大50μmまで動揺する可能性が報告されている。 各イ...
2019年8月5日
インプラント情報
歯肉退縮と根面う蝕
・歯周治療の後によく起こる歯肉退縮と根面露出。 根面のセメント質はSRPによって...
2019年8月1日
インプラント情報
サージカルガイドを用いた逆根管治療
・右上5・6にガイドサージェリーを行った症例 CBCT上で大臼歯近心根の上顎洞に...
2019年7月25日
インプラント情報
現在歯数とアイヒナー指数が咀嚼に与える影響
・現在歯数とアイヒナー指数が咀嚼に与える影響 現在歯数でみると、咀嚼できる割合が...
2019年7月20日
インプラント情報
なぜ侵襲性歯周炎という診断名はなくなったのか。
・2018年のヨーロッパ歯周病学会で新しい歯周病分類が提唱されました。 この分類...
2019年7月15日
インプラント情報
上顎洞内粘膜穿孔の発生率は粘膜の厚さが1.5-2ミリの場合に最も低い。
・穿孔の発生率は粘膜の厚さが1.5-2ミリの場合に最も低い。 穿孔の発生率が最も...
2019年7月10日
インプラント情報
根管治療後の垂直性歯根破折発生率および発生するまでの期間
・根管治療後の垂直性歯根破折発生率および発生するまでの期間:約7%、術後5年以内...