矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2020年6月5日
インプラント情報
ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか?
・ミュータンス菌だけがう蝕の原因なのか? 健全な歯において、エナメル質表面のプラ...
2020年6月1日
インプラント情報
根尖孔拡大は歯根破折のリスクを高める。
抜去歯を用いて破折抵抗性を調べた論文。 ヒト抜去小臼歯(単根)を用い、作業長を根...
2020年5月25日
インプラント情報
1回の根管治療では術後疼痛は出現しやすいのか。
無症状でかつ鎮痛薬などを服用していない患者の再根管治療における、術後疼痛の出現お...
2020年5月20日
インプラント情報
補綴装置として義歯を選択すると、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。
・補綴装置として部分床義歯を選択すると、その他の固定性補綴オプションの選択と比較...
2020年5月15日
インプラント情報
長顔女性への前歯インプラントは、将来的な審美障害に注意が必要である。
・Opdebeeckは1978年にショートフェイスシンドロームについて論じ、短顔...
2020年5月10日
インプラント情報
未処置根管により根尖病巣は惹起されやすいのか。
・CBCTを用いて、臼歯部の根管治療における未処置根管の影響を調べた研究 未処置...
2020年5月5日
インプラント情報
フッ化物の使用は臼歯部よりも前歯部で高い効果が認められた。
・新潟県の一つの中学校の1年生に健診を行い、出身小学校でグループ分けしてう蝕経験...
2020年5月1日
インプラント情報
根管治療後の歯列矯正はどのタイミングが良いのか。
適切な根管治療を行った場合に、いつから矯正移動開始できるかに関しては、現在まで明...
2020年4月25日
インプラント情報
インプラントで必要な頬側骨骨幅。
・必要な頬側骨骨幅の再考:ビーグル犬による動物実験 (結果) 72本のインプラン...
2020年4月20日
インプラント情報
根管治療が治療時間がかかる理由。
・根管の形態は必ずしも円錐形を呈していないことは周知の事実である。 Wuらは、下...