矯正

Just another WordPress site

前方成長治療

Category
RAMPA装置での治療 ランパ治療

RAMPA装置での治療 ランパ治療

上顎の成長方向は前下方です。 ですから、従来の矯正治療で使われる上顎前方牽引装置は、口の中の装置につけられたフックにゴムをかけ、前下方に牽引するものです。 しかし、前方成長不足の上顎は、正常な成長をしている顎より後下方に位置してます。ですか...
咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

咬合誘導や永久歯列の矯正 既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。 歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保...
ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

ランパセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療

RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療。反対咬合(受け口)も、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合・ガミースマイル、開咬、交叉咬合、叢生の原因は、 実は全て同じで、上顎の前方成長不足です。

関連情報

2019年4月15日
インプラント情報
ペニシリンアレルギー患者のインプラントの失敗率は有意に高い。
・患者レベルで解析した結果、非ペニシリンアレルギー患者は12名のうち1名(8%)...
2019年4月13日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
筋膜をほぐすと疲れない体になる?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年4月10日
インプラント情報
40歳以下の口腔がん患者は増大傾向にある。
・東京歯科大学 口腔顎顔面外科講座の25年間で口腔がん一次症例736例の40歳以...
2019年4月5日
インプラント情報
ジルコニアアバットメントは、現在ほとんど使用されていない。
・以前、インプラント修復のアバットメントにジルコニアが使われていた。 これはジル...
2019年4月1日
インプラント情報
プラークのみがインプラント周囲炎の原因ではない。
・Albrektssonらは、不適切なインプラントや外科/補綴治療の提供、また解...
2019年3月29日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
濃い味を好むのは、味蕾が退化が原因?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年3月25日
インプラント情報
治療せずに経過観察だけしていると10年で3本歯を失う。
・治療せずに経過観察だけしているとある文献では、10年換算で3.6本の歯を失って...
2019年3月20日
インプラント情報
虫歯菌で脳出血リスク14.4倍!
そのS.mutansには血清学的にc型、e型、f型、k型の4種類の菌のタイプがあ...
2019年3月15日
インプラント情報
インプラントの傾斜角度がカラー部のひずみに及ぼす影響
・インプラントの傾斜角度がカラー部のひずみに及ぼす影響 本研究はJIS2種純チタ...
2019年3月10日
インプラント情報
スクリュー固定はアバットメントスクリューの緩みと上部セラミックスの破折が有意に多い。
・スクリュー固定は、セメント固定に比べてアバットメントスクリューの緩みと上部構造...