矯正

Just another WordPress site

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

約 2 分

咬合誘導や永久歯列の矯正


既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。

歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保定(リテーナー装置の使用)が必要です。

咬合誘導は10歳ぐらいまでに開始します。


装置の型を取った時は2週間ぐらい、調整は1ヶ月ごとの来院となります。


骨格自体に問題があるときは妥協した仕上がりとなります。(例 上の前歯が外に傾斜し下の前歯が内側に傾斜して前歯の咬み合せを作る、等)


普及している治療法のため、転勤等の引っ越しの際に同様の治療法を行える医院が多く、紹介が比較的容易です。


前方成長治療(バイオブロック、RAMPA)


永久歯の良い咬み合せができるよう、気道の確保と顔面骨格の成長を促す治療です。

歯を揃えることを目的にしていないので途中経過の歯並びは見た目がわるくなります。

顎骨の前方発育と舌などの口腔周囲筋が正しく機能することで、歯並びは成長とともに自然に揃います。その場合、リテーナー装置は必要ありません。


バイオブロック治療では適齢期があり、5歳から8歳の開始が望ましいです。


調整は2週間毎の来院となります。

乳歯を支えにして永久歯を動かします。乳歯が支えきれずに傾いた時などは乳歯の神経を取って歯の形を修正する場合もあります。


基本的なバイオブロック治療の場合、1サイクルが標準で2-3年です。2から3サイクル必要ですが、支えの乳歯が生え代わりで抜けた場合、より高度な治療法のRAMPAが必要となります。

低年齢の方がRAMPAの効果が出やすいため、RAMPAが必要と思われる場合、はじめからRAMPAで治療開始したほうが効率がいいです。


最先端の治療法のため、全国でまだ70医院ほどしか行っていません(平成25年時点)。引っ越し先の近くにない場合もありえます。


関連情報

2020年4月1日
インプラント情報
1日3回以上の歯磨きで心不全リスク12%低下。
・1日3回以上の歯磨きで心不全リスク12%低下 これまでの研究で、口腔衛生不良は...
2020年3月25日
インプラント情報
連結冠で支台歯の負担を減弱化できる。
・Shohetは遊離端義歯での支台歯2本を連結することで、遠心支台歯への負担を1...
2020年3月20日
インプラント情報
IARPDはRPDと比較して、義歯の安定、咀嚼および審美性に有意に優れる。
・Wismeijerらの研究では、片側もしくは下顎両側性遊離端欠損症例において、...
2020年3月15日
インプラント情報
歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響
・歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響:システマティ...
2020年3月10日
インプラント情報
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい?
細いファイル、太いファイル、どちらが折れやすい? ステンレススチールファイルを使...
2020年3月5日
インプラント情報
根面う蝕罹患率は、80代で70%。
・2017年における、我が国の高齢者の根面う蝕罹患率は70代で65%、80代で7...
2020年3月1日
インプラント情報
ショートインプラントとクラウン-インプラント比
・本研究ではインプラントの生存率についての記載がないが、訳者がショートインプラン...
2020年2月25日
インプラント情報
100歳以上の男女100人で、「前歯で肉を咬み切れる」6割
100歳以上で「自分の歯が残っている」人は約3割。 「前歯で肉を咬み切れる」のは...
2020年2月20日
インプラント情報
咬合不調和が放置されると予後不良となる場合がある。
Harrel&Nunnは歯周病患者89名を対象とした1-10年の後ろ向き研究で咬...
2020年2月15日
インプラント情報
直接法ファイバーコアが脱離しやすい理由
・CRを歯に接着する場合、エナメル質と象牙質では性質が全く異なる。 エナメル質と...