矯正

Just another WordPress site

咬合誘導(小児矯正)と前方成長治療の違い

約 2 分

咬合誘導や永久歯列の矯正


既存の歯ぐきの骨の中で主に歯を傾斜移動させて、出来る範囲で歯を良い位置に並べます。

歯並びが悪くなった原因に対する治療ではないため、咬み合せをしっかりと安定させるために永久歯列での仕上げのワイヤー矯正等と長期間の保定(リテーナー装置の使用)が必要です。

咬合誘導は10歳ぐらいまでに開始します。


装置の型を取った時は2週間ぐらい、調整は1ヶ月ごとの来院となります。


骨格自体に問題があるときは妥協した仕上がりとなります。(例 上の前歯が外に傾斜し下の前歯が内側に傾斜して前歯の咬み合せを作る、等)


普及している治療法のため、転勤等の引っ越しの際に同様の治療法を行える医院が多く、紹介が比較的容易です。


前方成長治療(バイオブロック、RAMPA)


永久歯の良い咬み合せができるよう、気道の確保と顔面骨格の成長を促す治療です。

歯を揃えることを目的にしていないので途中経過の歯並びは見た目がわるくなります。

顎骨の前方発育と舌などの口腔周囲筋が正しく機能することで、歯並びは成長とともに自然に揃います。その場合、リテーナー装置は必要ありません。


バイオブロック治療では適齢期があり、5歳から8歳の開始が望ましいです。


調整は2週間毎の来院となります。

乳歯を支えにして永久歯を動かします。乳歯が支えきれずに傾いた時などは乳歯の神経を取って歯の形を修正する場合もあります。


基本的なバイオブロック治療の場合、1サイクルが標準で2-3年です。2から3サイクル必要ですが、支えの乳歯が生え代わりで抜けた場合、より高度な治療法のRAMPAが必要となります。

低年齢の方がRAMPAの効果が出やすいため、RAMPAが必要と思われる場合、はじめからRAMPAで治療開始したほうが効率がいいです。


最先端の治療法のため、全国でまだ70医院ほどしか行っていません(平成25年時点)。引っ越し先の近くにない場合もありえます。


関連情報

2020年9月25日
インプラント情報
インプラント埋入は痛いのか?
インプラント手術後の痛みについて、Kamankatganらの報告によると、術後に...
2020年9月20日
インプラント情報
咀嚼能力と死亡率
咀嚼能力と死亡率:フランス大規模前向きコホート研究 (研究目的) 本研究の目的は...
2020年9月15日
インプラント情報
歯周病特有の口臭成分とは?!
口臭の原因の主体は揮発性硫黄化合物とよばれる硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジ...
2020年9月10日
インプラント情報
降圧剤服用でインプラントの生存率上昇。
・Garcia-Dencheらの研究により、高血圧の薬を服用している患者は、その...
2020年9月5日
インプラント情報
飲酒と歯周病リスク
お酒の強い人(活性型)は多めのアルコールを毎日飲んでも飲まなくても、歯周病発症へ...
2020年9月1日
インプラント情報
歯周病の危険因子となる生活習慣や患者の背景
BMI25以上の人はオッズ比が3.02、BMIが30以上ではオッズ比8.6と跳ね...
2020年8月25日
インプラント情報
ジンジパイン阻害能をもつもの。
ポリフェノールにはジンジパイン阻害能があります。 リンゴのポリフェノールやホップ...
2020年8月20日
インプラント情報
P.gingivalisがもっとも病原性の高い歯周病菌なのか。
800種ともいわれる口腔細菌でなぜP.gingivalisがもっとも病原性の高い...
2020年8月15日
インプラント情報
唇側骨が1ミリ以下と薄い場合は約7.5ミリの垂直的骨吸収が生じる。
・Chappuisらの報告で唇側骨の厚みが1ミリ以上と厚い場合は垂直的骨吸収が少...
2020年8月10日
インプラント情報
根面う蝕の原因菌
歯周病、う蝕の原因となる酸産生能が強いS.mutansやLactobacillu...