矯正

Just another WordPress site

デーモンシステム

Category
デーモンシステムでの治療初期の動き

デーモンシステムでの治療初期の動き

デーモンシステムで治療の成人、非抜歯(小臼歯を抜かない)症例です スタート時と約2ヶ月後での変化です。 前歯がだいぶ揃ったのは見ていただけると思います。 下の歯も右下の前歯がアーチ内に収まりました。 デーモンでは特に、歯の重なりが取れるのが...
デーモンシステムのデメリット

デーモンシステムのデメリット

1.デーモンシステムは、歯がとても早く動くために、凸凹が強い人は次回の調整日よりも前にワイヤーが奥に突き出すことがあります。 2.装置が大きさ自体は小さいものの、比較的厚みがあります。 3.メタル色で審美性がやや劣ります。 (注)デメリット...
デーモンシステムのメリット

デーモンシステムのメリット

デーモンシステムは形状記憶合金製のハイテクワイヤーを使用しているため、歯が早く動きます。 凸凹の歯列もこの形状記憶合金のワイヤーが元の形に戻る力で、歯列が理想的な形態に変化します。 シャッター式の構造であるために、矯正力をロスしないので、治...
デーモンシステムはどこが違うのか?

デーモンシステムはどこが違うのか?

従来の歯列矯正のブラケットでは、ゴムやワイヤーで歯に縛りつけ、歯に固定していました。 そのため、歯に余計な力がかかってしまい、『歯列矯正は痛い!』という固定観念が生まれてしまったのもそのような理由からでした。 しかし、デーモンシステムでは、...

関連情報

2019年5月20日
インプラント情報
透析患者は、象牙質知覚過敏症状や酸蝕症のリスクが高い。
・透析患者は、水分摂取の制限や発汗抑制などがあるため、好んで冷たいものを摂取す...
2019年5月20日
インプラント情報
ナノダイヤモンドで根管治療の成績向上。
・ナノダイヤモンドが抜髄後に消毒された根管を保護し、完治の可能性を高めることが示...
2019年5月15日
インプラント情報
透析患者は、歯周病リスクは高い。
・透析患者の唾液pHは高いレベルで維持されているので、う蝕発症リスクが健常者より...
2019年5月10日
インプラント情報
osseodensification
Counterclockwise drilling とは、反時計回りのドリリング...
2019年5月5日
インプラント情報
粗面のインプラントでは、バイオフィルムの除去が困難。
・Carcuaeらは、100名(179本)のインプラント周囲炎にり患した患者に切...
2019年5月1日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
日本人の認知症の割合はアメリカの2倍?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年5月1日
インプラント情報
非超弾性形状記憶性Ni-Tiロータリーファイル
・超弾性Ni-Tiロータリーファイルは力が加わると曲がり除荷するとまっすぐに戻ろ...
2019年4月25日
インプラント情報
「歯性上顎洞炎」の割合は意外と多い。
・上顎洞は上顎骨内に存在する空洞で、容積は約15ml、自然口を介し中鼻道と交通...
2019年4月22日
マイベストプロ コラム :: 堀克昌
女性の収入に対する遺伝の影響は、生涯にわたりゼロ?! : [マイベストプロ宮城]
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。~口
2019年4月20日
インプラント情報
2-IODと4-IOD
・Feineのテキストブック「Implant overdenture」には、「2...